注目キーワード
秘密

トリプルバリア と 内脂サポート 併用したら相乗効果が期待できる!?注意点と最適な使用方法について解説!

秘密

日清食品の トリプルバリア 、FANCELの 内脂サポート
それぞれダイエットにもつながるとっても便利なアイテムです。

 
RYU
トリプルバリア内脂サポート。2つの製品とっても人気ですよね!
いずれも体重が気になる方、ダイエットをしようと考えている方にとってうれしいアイテムです。実は取って置き使い方があるんです!それは…併用することで相乗効果が期待できちゃうことです。

★各製品のの特徴

トリプルバリア

食べる前に飲むと、脂肪、糖、塩分の便の排出を増やすことで、中性脂肪、血糖値の上昇を抑え、高めの血圧を下げる”機能性表示食品”です。

食事をした後、腸内で脂肪・糖・塩分を吸着しそのまま便として排出するという作用です。
つまり、”吸収させにくい → 数値が上がりにくい” ことを根拠としています。

※こちらも、詳しい解説は、過去の記事を参考になれば幸いです。

関連記事

  RYU こんにちはRYUです。今回は日清食品、食べる前に飲む『 トリプルバリア 』について解説します。 『トリプルバリア』とは 食べる前に飲むと、脂肪、糖、塩分の便の排出を増やすことで、中性脂肪、血糖値の上[…]

内脂サポート

ファンケルが販売している”機能性表示食品”です。
成分は”ビフィズス菌”で、腸内環境が良好になり「短鎖脂肪酸」を産生する菌が増えることで効果を発揮するようです。

つまり、腸内環境を整えることで結果的に脂肪の減少が期待できると企業の研究結果のもと実証されています!

※詳しい解説は、過去の記事を参考にしてください!!

関連記事

内脂サポート とナイシトールZ。このページでは似た名前の両者製品について解説します。 ★内脂サポートとナイシトールの比較 なんだか名前似た両者ですが。区分や効果などについてそれぞれ解説します。 内脂サポート […]

★それぞれの機能を踏まえた最適な使用法

・トリプルバリア

食前に使用することで、消化管に入ってきた食べ物からの栄養の吸収過多を抑える。
食後の使用は、はっきり言って意味があまりありません!!!

・内脂サポート

ビフィズス菌の補給。一般的にビフィズス菌は胃酸に弱いのが弱点です。すなわち胃酸が薄まる食後に取ることが効果を期待するのにおすすめな方法といえます。
食前に取ってしまうと、ビフィズス菌が消化作業に巻き込まれて、多くが死滅してしまうので注意が必要です。

★併用する際はそれぞれタイミングがカギ!

両者を食前に飲んでしまったら
トリプルバリアの効力は発揮できますが、内脂サポートの機能は十分に発揮できません。
乳酸菌が胃液で消化されてしまう上に、トリプルバリアの吸着作用で物理的に体外に排出されてしまうため、効果を非常に得にくいことが考えられます。

両者を食後に飲んでしまったら
ビフィズス菌にとって最適なタイミングであるため内脂サポートの効果は期待ができます。しかし余分な栄養素を吸着するという機能の性質上、トリプルバリアの食後摂取はほぼ意味がないといえます。

★それぞれを適切に使用すれば…

トリプルバリアで食事の中の余分な栄養素を便として排出。
そして良質なビフィズス菌を内脂サポートで補給。

アプローチの違う両者の効果を、最大限発揮させてあげることができるのです!!!それぞれを使用している方も多いと思いますが、どうせなら両者の併用がおすすめといえそうです!チャレンジしてみてはいかがでしょうか!

以上です。

[itemlink post_id=”645″]

[itemlink post_id=”641″]

秘密
最新情報をチェックしよう!