注目キーワード

ネオレバルミン 錠の衝撃!評判は?”肝臓疾患”に効く!?有効成分と類似した効能の医薬品について比較します。

 
RYU
コミカルなCMと”肝臓疾患”に効くという衝撃!『ネオレバルミン錠』について解説します。

”肝臓疾患”に効く『ネオレバルミン錠』

ネオレバルミン 錠のCMをご覧になりましたか?

昭和な感じの強烈なCMでした。

『ネオレバルミン錠』は原沢製薬工業株式会社が製造販売する第2類医薬品です。

『ネオレバルミン錠』は原沢製薬工業株式会社が製造販売する第2類医薬品です。生薬の川柳末、グルクロノラクトンなど6種類の成分を含有した肝臓疾患薬です。

<効能・効果>
肝臓疾患

肝臓疾患とは穏やかじゃない表現のように思いますが、厚労省に承認された効能効果と言えます。
ここで気をつけておくべきことは、脂肪肝、肝硬変、肝臓がんなどの比較的重度な疾病を対象としているわけではない、ということです。

想像すべきは、疲労、食べすぎ、飲みすぎなどで酷使された肝臓の機能回復を助ける薬ということを念頭においておきましょう。

さて、強烈なインパクトのある医薬品ですが、そもそもこれを扱う会社、原沢製薬工業株式会社とはどのような会社なのでしょう?

原沢製薬工業株式会社とは?

原沢製薬工業株式会社は創業は大正8年の老舗メーカー。医療用医薬品から健康食品を幅広く扱うヘルスケアメーカーです。

事業内容:
・医療用医薬品
・一般用医薬品
・医薬部外品
・医療機器
・化粧品
・健康食品
以上の開発・製造・販売並びに輸出入

所在地
本社     〒108-0074 東京都港区高輪三丁目19番17号
さいたま工場 〒336-0931 埼玉県さいたま市緑区原山2丁目23番24号
直販本部    〒331-0811 埼玉県さいたま市北区吉野町1丁目5番1号

原沢製薬工業株式会社HPより


耳の痛みやかゆみを止める医薬品 パピナリン
★特徴
・アミノ安息香酸エチル、プロカイン塩酸塩の鎮痛作用
・フェノール、アクリノール水和物およびホモスルファミンの殺菌作用
一般用医薬品の中で、鎮痛成分+殺菌成分配合で日本で承認されている耳の中に直接塗る液体タイプは、パピナリンだけ!

耳鳴りを治す医薬品:ナリピット
・ニコチン酸アミド、パパベリン塩酸塩が血行改善
・ビタミンB群が神経の調子を整えます

<効能・効果>
耳鳴症、皮ふ炎、蕁麻疹(じんましん)、にきび、吹出物、肩こり

原沢製薬の製品はこちら

ネオレバルミン 錠の特徴

では、ネオレバルミンの製品特徴を解説していきます。

ネオレバルミン 錠の有効成分

ネオレバルミン錠に含まれる有効成分を見ていきます。

成分名分量期待される作用
川柳末2800mg主成分:サリシン、タンニン
解毒、解熱、抗炎症、鎮痛、抗菌作用で肝臓機能を正常に保つ
グルクロノラクトン300mg有害物質の排出を促進。肝血流を促進し、全身倦怠感や疲労時の栄養補給
(グルクロン酸抱合代謝)
乾燥酵母300mg肝機能の向上
パントテン酸カルシウム100mg脂質、糖質、タンパク質の代謝。副腎皮質ホルモンの合成や皮膚の健康維持を助ける
タウリン50mg代謝を助ける。疲労回復
ルチン50mg血管強化、抗酸化作用

肝臓に効きそうな成分が沢山含まれているのがわかりますね。

”疲労”とは酸化した物質や体内乳酸が貯まっている状態なので、それらの代謝・排泄には肝臓の働きが重要です。肝臓でそれらの処理を助けることで疲労回復につながるといえるのです。

肝臓がしっかり働く事によって健やかな状態を保てます。肝臓が休みなく働き疲れてくると、浄化作業が追いつかなくなってしまうのです。

ネオレバルミン錠は肝臓自身の働きを助ける成分が満載で、肝臓の処理能力を助け、健やかな状態に導いてくれるお薬といえます。

その他”肝臓疾患”に効くOTC

”肝臓疾患”とは大層な言葉で、重度の状態であれば病院に行くべき病気です。

ただ、食べすぎ、飲みすぎのように肝臓を酷使してしまうことで体調が優れないような時、肝臓機能をブーストすることでいち早く元気な状態が取り戻せるかもしれません!

ネオレバルミン錠以外にも、”肝臓疾患”に効くお薬があるようなのでまとめて見ました。

製造販売会社原沢製薬工業(株)摩耶堂製薬(株)剤盛堂薬品(株)
製品名ネオレバルミン錠摩耶肝臓湯強清肝散
リスク区分第2類医薬品第2類医薬品第2類医薬品
効能・効果肝臓疾患胆石,黄疸,肝臓疾患肝臓疾患、胃病
用法用量“次の量を1日3回,食間に服用して下さい。(水又はぬるま湯と一緒に服用して下さい)
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):4錠:3回
15歳未満の小児:服用しないこと”
“成人1日1袋に水約600mLを入れて1/2量に煎じ詰め,1日3回食前或いは食間に温服してください。
8歳〜15歳は成人の1/2量宛,5歳〜7歳は成人の1/3量宛服用してください。”
“次の量を食前又は食間に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
注)「食間」とは食後2〜3時間を指します。
[年齢:1回量(容器入りの場合):1回量(分包品の場合):1日服用回数]
大人:1.5g(添付のサジ1杯):1包:3回
12歳以上15歳未満:大人の2/3の量(1.0g):2/3包:3回
7歳以上12歳未満:大人の1/2の量(0.75g):1/2包:3回
4歳以上7歳未満:大人の1/3の量(0.5g):1/3包:3回
4歳未満:服用しないこと”
成分分量“12錠(3700mg)中

川柳末:2800mg
グルクロノラクトン: 300mg
乾燥酵母:300mg
パントテン酸カルシウム:100mg
タウリン: 50mg
ルチン: 50mg”
“1袋(成人1日量)中に次の生薬を31.5g含有しています。

サイコ 4.0g
ハンゲ 3.0g
ショウキョウ 3.0g
ケイヒ 2.0g
オウゴン 3.0g
シャクヤク 4.0g
タイソウ 2.0g
ダイオウ 2.0g
キジツ 2.0g
インチンコウ 2.0g
サンシシ 3.0g
カンゾウ 1.5g”
“4.5g又は3包中

エキス 0.851mL(固形物0.028g) (キキョウ0.141g・レンギョウ0.141g)
エキス 2.250mL(固形物0.042g) (カロコン0.352g・キキョウ0.352g・ジオウ0.352g・シャクヤク0.352g・センキュウ0.352g・トウキ0.352g・ハッカ0.352g・レンギョウ0.352g・ゴボウシ0.352g)
オウゴン末 0.633g
オウバク末 0.633g
オウレン末 0.633g
カンゾウ末 1.054g
サンシシ末 0.633g
サイコ末 0.844g “

摩耶堂製薬の『摩耶肝臓湯』、剤盛堂薬品の『強清肝散』。いずれも生薬で構成された生薬製剤です。似た生薬が含まれていることがわかります。抗炎症や代謝を助ける成分が含まれていることが両者の共通する特徴と言えます。

若干、『強清肝散』は健胃成分や去痰成分など消化器(胃腸)を配慮した配合になっているように思います。

使い時を考えれば強い味方!

ちょっと肝臓に負担をかけたなーって時に効果を発揮する薬といえる『ネオレバルミン錠』。
疲れがなかなか抜けない、肝臓に負担がかかっている状態で使ってみると効果を感じられると思います!

[itemlink post_id=”727″]

肝臓への負担を軽減するなた他のアプローチも!

[itemlink post_id=”729″]

[itemlink post_id=”730″]

[itemlink post_id=”731″]

肝臓を助けるお薬は多数あります!それぞれはアプローチが少しずつ違います。
・ヘパリーゼ:肝臓の機能の追加(豚などの動物の解毒キャパを一時的に増加のイメージ)
・ウルソ:油ものの分解・代謝を助ける。(解毒にかかる手間を省くイメージ)
・アルピタンガンマ:肝臓の代謝機能を促進(解毒作用のブーストをかけるイメージ)

[itemlink post_id=”728″]

オルニチンは医薬品ではありませんが、肝臓代謝に必要なアミノ酸であり、間接的には肝臓の働きを助けてくれる成分です。しじみをたべて美味しく摂取できますが、サプリメントで手軽に摂取が可能です。

最新情報をチェックしよう!